妊娠中・授乳中に脱毛サロンへ通うことはできる?

出産前後の時期、女性は脱毛サロンに通うことができません。それは胎児や母乳へ直接の影響はありませんが、ママの体への負担が大きいものになるためです。

妊娠・授乳中は脱毛サロンに通うことができません

ほとんどの脱毛サロンが、妊娠・授乳中の利用を禁止しています。これまで通っていて、脱毛プランが途中の場合にも、一旦中止するよう勧められます。妊娠に気づいた時点でサロン側に伝え、プラン変更や料金払い戻しについて相談をしましょう。

レーザーやワックスが直接胎児・母乳に悪影響を与えることはありません

妊娠・授乳中のサロン通いが禁止されている理由は、決して赤ちゃんや母乳に悪影響があるからではありません。永久脱毛効果のある医療レーザーも、体の表面のみに作用します。体内にはなんのトラブルも起きないことが医師によって証明されていますので、この点は安心してください。

ママの体に負担がかかることが、通えない理由です

脱毛サロンが妊娠・授乳中の利用を断る理由は、ママの体にかかる負担・トラブルを避けるためです。

肌が敏感になっているため、ただれ・炎症など思わぬトラブルを引き起こします

妊娠~授乳の期間、女性の体はホルモンバランスが大きく変化します。このことで肌質が変わり、赤み・ただれなどの症状をを引き起こすことがあります。妊娠直前までトラブルなくサロン通いをしていた方であっても、この時期はサロン通いを避けてください。

もしトラブルが起きた場合、サロンでは対応しきれないため、病院へかかります。病院との提携があるかどうかは、サロンにより異なります。もし当日のうちに皮フ科受診ができない場合、跡が残る可能性もあり注意が必要です。

レーザーの刺激で子宮収縮・母乳分泌を起こす可能性があります

レーザーや針脱毛などの痛みを伴う施術を受けると、その刺激からお腹が張るような感覚や母乳が出てしまうといったトラブルも起きます。妊娠中のお腹の張りは、子宮収縮と呼び、赤ちゃんにとっては酸素不足の息苦しい環境となります。妊娠初期や後期の不安定な時期はもちろん、安定期と呼ばれる時にもできる限り避けたい事態です。

また、授乳中に胸元などの毛を脱毛しようとすると、施術の刺激で母乳が止まらなくなるケースがあります。脱毛箇所が濡れると施術ができませんので、授乳期間中のサロン通いも避けます。

ホルモンバランスが変わっていることで、脱毛効果が出にくい時期です

妊娠・授乳中の体は、女性ホルモンの影響から毛が濃くなります。お腹まわり・胸まわりの産毛が濃くなったと感じると同時に、産婦人科の診察などでムダ毛を見られる機会が増え、脱毛をしたくなる時期です。

脱毛専門のサロンでも、ホルモンの働きで毛が濃くなる時期の女性には効果が出ないことがほとんどです。同じ費用を払うなら、出産・授乳が終了してから集中して脱毛を行う方が、効率的です。

妊娠・授乳中は、女性ホルモンの働きによって肌質が大きく変化していまする時期です。自分と赤ちゃんの体を守るため、脱毛サロン通いは一時お休みとしましょう。子育てが一段落してから集中的に行うほうが、短期間でキレイな肌をゲットできます。