てんかん持ちですが脱毛サロンに通えますか?

脳の異常興奮によって痙攣などの症状が起きる病気が、てんかんです。光刺激によって発作が起きやすくなるため、光脱毛を受けることはできません。しかし、ワックス脱毛であれば、問題なく受けられます。

てんかんは、脳の異常興奮によって起きる病気です

脳内が異常に興奮すると、てんかん症状が起きます。大発作と呼ばれる痙攣・失神・失禁といった症状がよく知られますが、それ以外にもめまい・デジャブ感・記憶があいまいになるなど、症状はさまざまです。子どものうちに発症した方のほとんどは20歳前後でほぼ治ります。しかし大人になってから発症すると治りにくく、数年単位の通院や薬の服用が必要です。

てんかんと診断されたことのある方は、光脱毛が受けられません

てんかん症状を起こす原因の1つに、光刺激があります。目の前でフラッシュをたかれる、テレビやアニメなどで強い光刺激を浴び続けると、痙攣につながる危険性があります。サロンで行う光脱毛は、フラッシュ脱毛とも呼ばれ、特殊な光を瞬間的に繰り返し当てる方法です。直視していなくても、強い光が何度も視界に入りますので、てんかんの方にとってはかなり危険な状況となります。

現在治療しているかどうかに関わらず、てんかん症状を起こしたことのあるかたは、光脱毛を受けることができません。過去に大きな発作がないという方も、医師からてんかんと診断されていれば施術NGとなります。キレイな肌を手に入れたいという気持ちから、サロンに伝えずに脱毛を受ける方もいますが、ご自身の健康のため必ず申告するようにしてください。

ワックス脱毛サロンなら安心して受けることができます

サロンでの脱毛方法は、光だけではありません。とろみのあるワックス状の薬品を肌に塗り、シートを重ねて乾かしてから引き剥がす方法があります。セルフでもできますが、痛みが強く、また仕上がりもキレイになりません。専門サロンでの施術はほぼ痛くないという方もいるほどですので、安心です。

てんかんの方にとってもっとも嬉しいのは、光刺激がないことです。もちろん事前カウンセリングでも、てんかんと診断されたことがある点は問題になりません。さらに、現在治療中でも施術を受けられ、大きなメリットとなります。

てんかん持ちの方であっても、キレイな肌を手に入れたい気持ちは同じです。ワックス脱毛であれば、治療中の方でも安心・安全に脱毛できます。光脱毛は、発作を引き起こすこともあり大変危険ですので、絶対に避けましょう。